東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター

東北大学

CIESコンソーシアム

産学共同研究

システム技術

組込みシステムセキュリティ技術の研究開発

  • 青木 孝文 研究代表者
    青木 孝文 教授

 本研究開発では、膨大で多様なデバイスがネットワークに接続されるIoT(Internet of Things)時代に向けた新しいセキュリティ技術の確立を目指しています。特に、M2M(machine-to-machine)の利用形態を想定したデバイスセキュリティとリモート認証に関する技術検討を実施するとともに、その技術の有効性をプロトタイプにより評価しています。
 一例として、デバイスセキュリティ技術では、限られた計算資源・電力供給下において秘匿通信・認証を行うための技術を検討しています。
 一方、リモート認証技術では、遠隔地端末とサーバ間もしくは端末間における効率的なエンティティ認証技術を検討しています。上記の研究開発により、多様なデバイスをサイバー空間に安全に接続し、データ連携するための基幹技術の構築が期待されます。

CM2Mデバイスの実装安全性評価

M2Mデバイスの実装安全性評価

端末―サーバ間リモート認証のプロトタイプアプリケーション

端末―サーバ間リモート認証のプロトタイプアプリケーション