東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター

東北大学

地域オープンイノベーション拠点

CIESコンソーシアム

産学共同研究

スピントロニクス LSI技術

STT/SOT-MRAM & スピン素子/CMOS Hybridプロセッサの研究開発

  • 遠藤 哲郎 研究代表者
    遠藤 哲郎 教授
  • 池田 正二 研究代表者
    池田 正二 教授

 本テーマでは、スピントロニクス技術とシリコンCMOS技術の融合によるSTT-MRAM・SOT-MRAM及びスピン素子/CMOS Hybridアプリケーションプロセッサに関する技術を、産学が連携して研究開発しています。これにより、飛躍的な省エネルギーシステムを実現する不揮発ワーキングメモリや不揮発ロジックなどの実用化を促進し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献することを目的とします。
 具体的には、①CMOS集積回路と親和性の高いスピントロニクス素子の高性能化に向けた材料・デバイス技術、②産業界で標準の300mm Siウェハを用いたユニットプロセス・プロセスインテグレーション製造技術、③高効率な計測・評価技術、多機能的な分析技術、④基本メモリセルから大規模集積回路まで網羅する回路技術・設計ツールを一貫して研究開発しています。
 これらの技術を統合集積化することにより、STT-MRAM・SOT-MRAM及びスピン素子/CMOS Hybrid技術を用いたマイコンや画像認識プロセッサなどのAIアプリケーションプロセッサを設計し、300mmプロセスラインを用いて試作を行い、その低消費電力性能を実証します。

STT-MRAM & スピン素子 / CMOS Hybridプロセッサの研究開発