東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター

東北大学

地域オープンイノベーション拠点

CIESコンソーシアム

J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠点

国際展開型

東北大学国際集積エレクトロニクス研究開発センター

  • 遠藤 哲郎 遠藤 哲郎 教授

 経済産業省令和2年度事業「地域オープンイノベーション拠点選抜制度」第1回拠点に、当センターが第1号の地域オープンイノベーション拠点(国際展開型:代表者 遠藤 哲郎教授)に選抜されました。

■J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠点選抜制度とは
 この制度は、 大学等を中心とした地域オープンイノベーション拠点の中で、企業ネットワークのハブとして活躍しているものを経済産業省が評価・選抜することにより、信用力を高めるとともに支援を集中させ、トップ層の引き上げや拠点間の協力と競争を促すことを目的として創設された制度です。
 今後、経済産業省がひとつひとつの拠点と対話しながら、予算や規制緩和、その他の支援をオーダーメイドで行っていくとされております。
 本制度で地域オープンイノベーション拠点として選抜されたところには、次の支援が現在(令和2年5月時点)のところ準備されています。

  1. 国内外への広報、拠点間の連携支援
    (ロゴマークの使用許可、選抜拠点間ネットワーク会議、海外展開支援 等)
  2. 経済産業省予算事業との連携強化
    (ア)地域企業イノベーション支援事業
    (イ)戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

 令和2年度初回(4月)のサポイン事業に連携先企業様が応募し、採択に至っております。選抜された拠点への優遇措置等は、3年間(2022年度まで)有効です。
 当センターの活動へ参画されている方々、また、参画を新たに検討されている方々は、ぜひこのJ-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠点選抜制度にかかる優遇措置をご活用いただきたく存じます。

経済産業省のニュースリリース