東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター

東北大学

地域オープンイノベーション拠点

CIESコンソーシアム

産学共同研究

スピントロニクス LSI技術

不揮発記憶ベース低消費電力・高性能VLSI プロセッサの自動設計環境の研究開発
-MCU 搭載の不揮発FPGA アクセラレータ設計 & 試作-

  • 羽生 貴弘 研究代表者
    羽生 貴弘 教授

 深刻な待機電力に起因した性能限界を突破するため、不揮発ベース低消費電力・高性能IPの設計開発、およびそれらを活用した自動設計環境を構築することが本テーマの課題であり、主に以下の研究に取り組んでおります。

  1. 不揮発FPGA向けCAD環境の構築
    種々のVLSIプロセッサの実現やMicrocontroller Unit (MCU)用の組込みアクセラレータとしても有用なデバイスとして、不揮発FPGA (Field-Programmable Gate Array)に着目し、そのCAD環境構築を行っております。具体的には、オープンソースのFPGA CADツール VTR (Verilog-to-Routing) に不揮発ベース回路IPを組み込んだCAD 環境の構築を行っております。
  2. 不揮発ベース回路IPの高性能化・多機能化
    不揮発FPGAのさらなる高性能化に向け、その基本構成回路IP、例えば LUT(Lookup Table) 回路の高性能化および多機能化に向けた回路技術の開発も行っております。

 本技術により、VLSIプロセッサの電力効率が高まることで、モバイル機器やIoT 機器などへの積極的応用が期待されます。

不揮発FPGAアクセラレータを搭載したMCUチップ

不揮発FPGAアクセラレータを搭載したMCUチップ