東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター

東北大学

地域オープンイノベーション拠点

CIESコンソーシアム

産学共同研究

AIハードウェア 回路技術

MTJ/CMOS Hybrid AIアプリケーションプロセッサの研究開発

  • 遠藤 哲郎 遠藤 哲郎 教授
  • 福田 悦生 福田 悦生 特任教授

 自動運転や産業用機器、IoTデバイスに登載されるAIプロセッサは、消費電力が少なく応答が速いことが期待されていますが、現状ではまだ開発途上のステージにあります。しかし、低消費電力性能に優れたMRAMを搭載できれば、AIプロセッサを搭載した機器の長時間稼働・高機能化・小型化・可搬型化を実現することが可能になり、これまでの機器よりもさらに省エネ・高効率化・汎用化を進めることができます。
 これらを実現するためには、MRAMを搭載したAIプロセッサの性能と消費電力を調査し、さらに不揮発性メモリの特徴を活かした高速で軽量なソフトウェア開発が必要となります。
 本研究テーマでは、既存AIアルゴリズムを使ってMRAMの消費電力・処理速度の評価を行い、高速で軽量なソフトウェアを目指したSDKの開発・アルゴリズムの実装を目的としています。
 具体的には以下の項目で研究開発を進めています。

  1. AIアルゴリズムによるエミュレータ上のMRAM性能評価
  2. AIプロセッサボードに適したSDKの開発
  3. AIアルゴリズムの実装
AIプロセッサの活用進展

AIプロセッサの活用進展