東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター

東北大学

地域オープンイノベーション拠点

CIESコンソーシアム

産学共同研究

AIハードウェア 回路技術

脳型演算処理回路技術の研究開発

  • 遠藤 哲郎 遠藤 哲郎 教授

 本研究開発では、Society5.0において重要となる、低消費電力性と高速性を兼ね備えたエッジAIプロセッサの開発を行っています。
 従来のエッジAIプロセッサでは、学習はオフラインでGPUを用いて行われ、学習済みのネットワーク重みが、AIチップの推論に用いられていました。通常、学習時のデータ取得条件等と推論時(現場)でのデータ取得条件は異なるため、認識精度の低下を引き起こしています。
 この問題を解決するために、本研究では、現場のデータで学習と推論を行える超低消費電力・超高速エッジAIプロセッサのアーキテクチャ・回路・デバイス技術に関する研究・開発を行っています。不揮発メモリとして注目を集めているMRAMを徹底的に活用したアーキテクチャ・回路を基盤とし、システムレベルの細粒度パワーゲーティング、データ転送ボトルネック解消のための高効率データ転送機構、用途に適したMRAMの回路・デバイスの研究開発などを進めています。

脳型演算処理回路技術の研究開発
エッジAIプロセッサの開発視点

エッジAIプロセッサの開発視点